スマートサバイバープロジェクト(SSPJ)

 

スマートサプライを利用した
熊本・九州地震支援はこちらから!

smartsupply_kumamoto

 

スマートサバイバープロジェクト(SSPJ)とは?

スマートサバイバープロジェクト(SSPJ)は、東日本大震災を通して得られた教訓や叡智を活かして、こどもたちの命を守り、社会に役立つ仕組みを広め、希望に溢れた未来を切り拓くプロジェクトを支援していきます。

スマートサバイバープロジェクトは、その理念を実現するため、1.スマートサプライ 2.スマートアクション 3.スマートプロテクター活動を行っています。詳しくは理念と主な活動をご覧ください。

 

スマートサプライとは?

スマートサプライは、被災地などへ支援するための物資やサービスの最新支援システムです。

「必要な人に 必要な支援を 必要な分だけ届ける」プラットフォームとして、東日本大震災時に3000箇所以上を継続的にサポートした仕組みを発展させ、開発したものです。様々な機能を備えており、ユーザーの立場によりさまざまなメリットがあります。

 

スマートサプライの考え方の基本理念


このスマートサプライの背景にある考え方と、この仕組みが生まれるきっかけとなったのは、2011年東日本大震災をきっかけに生まれた「ふんばろう東日本支援プロジェクト」です。ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)の糸井重里さんとの代表理事西條剛央の対談の連載記事では、この考え方について詳しく説明されています。

ほぼ日刊イトイ新聞 西條剛央さんの、すんごいアイディア
 

寄付・支援金募集中

スマートサバイバープロジェクト(SSPJ)では、熊本・九州地震に関する支援金を受け付けております。
支援金は、直接現地のためになる活動に関して、大切に使用させていただきます。

【振込先】
りそな銀行神楽坂支店 普1640156
一般社団法人 Smart Survival Project 代表理事 西條剛央
(イッパンシャダンホウジン スマートサバイバープロジェクト ダイヒョウリジ サイジョウタケオ)

※スマートサプライの熊本地震災害のページに掲載されている特定の支援物資等を指定してのご寄付は、こちらの口座では受け付けておりません。ご了承のほど、何卒よろしくお願いいたします。またご寄付下さった方・団体の皆様で、領収書を必要とされる場合は、大変お手数ですが、info@smart-survivor.org までご連絡くださいますようお願いいたします。

 

【ご報告】
6月24日現在、18の団体・企業様、27名の個人の皆様より、熊本地震に関するご支援金をいただいております。日本国内だけではなく、海外も含め、たくさんの方々からのあたたかいお気持ちに、心より感謝申し上げます。
お寄せいただきましたご支援金は、現地の支援活動やスマートサプライを通じて、被災された皆様に順次、還元させていただいております。(「SATOYAMAと共に生きるEXPO」(石坂産業株式会社)様による、スマートサプライを通じた熊本地震支援の詳細はこちらをご覧ください。)
詳細については改めてご報告させていただきます。引き続き、皆様のご協力ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 

————————————————————————————
一般社団法人Smart Survival Project

スマートサバイバープロジェクト事務局
info@smart-survivor.org

〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町516-1
早稲田大学26号館1205号室
TEL: 050-3825-2165
————————————————————————————