大手ハウスメーカーのデメリット

下請けに出しているケースが多い

注文住宅を手掛ける大手ハウスメーカーのデメリットとしてまず挙げられるのが、下請けの業者を利用しているケースが多いという点です。一般的なイメージでは大手ハウスメーカーが設計や建築など、すべての工程を自社で請け負っているように思われがちですが、実際のところは異なります。設計については大手ハウスメーカーで行うことが多いですが、建築となりますと自社で施工するケールは比較的少なく、ハウスメーカーの下請け業者が建築するケースが多いです。建築をハウスメーカーとは異なる業者が行うため工程管理が行き届きにくく、このため場合によっては手抜き工事が起こったり、工期が遅れるなどといったトラブルが発生することもあります。

価格がやや高い傾向にある

注文住宅を手掛ける大手ハウスメーカーのデメリットとしてもう一つ挙げられるのが、価格がやや高いという点です。大手ハウスメーカーが手掛ける注文住宅は素材や工法など、随所にわたって品質にこだわっています。すなわち高品質な家づくりを提供していますので、それだけ価格も高くなっています。また会社の規模が大きいため本社経費や支店経費、広告宣伝費などといった費用が盛り込まれることも多くあります。さらに、大手ハウスメーカーでは営業マンやインテリアコーディネーターといったスタッフを多用しているため人件費も上乗せされます。このほかにも開発費などといった費用も組み込まれることもあります。こうした大手ハウスメーカーならではの費用計上が、価格を押し上げている要因と言えます。

© Copyright The Custom House. All Rights Reserved.